「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >南砺市と地域再生・防災ドローン利活用推進協会との協定締結  8月22日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

南砺市と地域再生・防災ドローン利活用推進協会との協定締結  8月22日
印刷用ページ
2018年9月10日 南砺市 くらし




南砺市は、一般社団法人「地域再生・防災ドローン利活用推進協会」と小型無人機ドローンに関する協定を結びました。



これは、南砺市と大阪の一般社団法人「地域再生・防災ドローン利活用推進協会」、県西部を管轄する利活用推進協会 富山第二支部が災害時における迅速な情報収集などを目的に協定を結んだものです。

今回締結した協定に基づき、災害が発生した際に、南砺市が、協会が所有するドローンを使って情報収集や行方不明者の捜索、救助などに活用することが可能になりました。
  
協会が所有するドローンは、雨天時の飛行や赤外線カメラの搭載が可能な最新機種もあり、山菜採りシーズンの行方不明者捜索や、目撃されたクマの行動確認など山間地の課題への活用も期待されています。

南砺市がドローン活用に特化した災害時応援協定を結ぶのはこれが初めてで、田中南砺市長は、「災害時、ドローンの存在は欠かせないものになっている。市民の安全を守るためにも、協力をお願いしたい」と述べると、地域再生・防災ドローン利活用推進協会 代表理事の沖 貴博(おき たかひろ)さんは、「災害時に限らず、ドローンの利活用について、様々な協力ができれは」と話し、今後の有効な利活用について意見を交わしていました。


まちのニュース
第18回 若鶴 蔵祭り   5月25日(6/10)

おやべの獅子舞祭  5月25日・26日(6/10)

高瀬西公民館 県民ふるさと大賞受賞報告  5月24日(6/10)

砺波市民大学「学遊塾」開講式      5月23日(6/10)

小学生のふれあい看護体験(5月20日)(6/10)



北日本新聞ニュース
桜クリエ、指定管理移行後は柔軟に活用へ 南砺市(6/19)

南砺市民病院長「蘇生拒否、本人の意思尊重を」 県内救急隊員が研修(6/19)

砺波で「みやの森カフェ」の本出版記念シンポ(6/19)

107年ぶり本尊動座式 砺波・西蓮寺(6/19)

災害に備え救助訓練 配水池で砺波地域消防組合(6/19)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.