「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >「第65回文化財防火デー」に伴う消防訓練  1月20日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

「第65回文化財防火デー」に伴う消防訓練  1月20日
印刷用ページ
2019年2月4日 小矢部市 くらし




1月26日の「文化財防火デー」を前に、小矢部市の埴生護国八幡宮と浅地神明社で消防訓練が行われました。

「文化財防火デー」は、昭和24年1月26日に法隆寺の金堂で火災が発生したのを機に、昭和30年に制定されたもので、今年で65回目です。


今回は、小矢部消防署と地元埴生地区の消防団・自主消防組織に加え、近接する石動中央・北蟹谷の両分団から合わせておよそ60人、車両6台が参加しました。

訓練では、国指定重要文化財の埴生護国八幡宮、埴生雅章宮司からの通報で消防隊が出動。ホースを持った隊員が、石段を駆け上がり、本殿と拝殿に向かって放水しました。

訓練の後、広田良文(ひろたよしふみ)小矢部消防署長が「埴生地区は木造建築の密集地域。各分団が連携を組んでスムーズな訓練を行えた」と講評しました。

続いて、県指定重要文化財の浅地神明社で訓練が行われ、小矢部消防署と津沢出張所、薮波・津沢・石動第1の各消防分団と地元四日町(よっかまち)の私設消防隊から66人、車両6台が参加。参道にホースを這わせて拝殿の上から水がかかるように放水を行いました。

閉会式では市消防団の干野政功団長が、「火災はいつどこで起きるかわからない。皆さんは連携をとって文化財を守り抜いてほしい」と述べ、参加者に一層の防火意識の向上を呼びかけました。


まちのニュース
アートハウスおやべ 中学生・高校生ミュージアム   2月2日〜17日(2/18)

県営土地改良事業「桜ヶ池幹線地区」安全祈願祭・起工式   1月31日(2/18)

常陸宮賜杯 第69回 中部日本スキー大会  1月27日〜29日(2/18)

第26回 ザ☆雪合戦なんと2019 1月27日(2/18)

学校給食週間 会食会   1月23日(2/18)



北日本新聞ニュース
倶利伽羅古戦場へのアクセス路、源平ラインが復旧 小矢部(2/21)

小規模多機能自治を推進 南砺市新年度予算案(2/21)

ドクターカー導入に1300万円、応急処置で救命率アップ 南砺市新年度予算(2/21)

山下(南砺平高出)学生王者 スキー距離フリー30キロ(2/21)

担い手育成尽力、青山さんら表彰 砺波林業協会(2/21)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.