「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >青熒書苑・書道サークル交流書道展「書を楽しむ」   9月7日・8日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

青熒書苑・書道サークル交流書道展「書を楽しむ」   9月7日・8日
印刷用ページ
2019/9/16 南砺市 スポーツ・文化


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_2709_1.jpg


福野文化創造センターで、青熒書苑(せいけいしょえん)と砺波地区の書道サークルによる、交流書道展が開催されました。


福野文化創造センターで、青熒書苑(せいけいしょえん)と砺波地区の書道サークルによる、交流書道展が開催されました。

この展覧会は、南砺市の書道団体「青熒書苑」が砺波地区の書道サークルの成果発表の場にと、3年に一度、企画しているものです。

会場には、小学1年生から91歳までの力作約100点が並びました。

福野伝統の織物「福野縞(ふくのじま)」を用いた額や、流木に文字をしたためるなど、地元ゆかりの品を使った作品もあり、注目を集めていました。

また、文字を白くうき上がらせる「白抜き(しろぬき)文字」の体験コーナーも設けられ、家族連れで賑わっていました。

主催した青熒書苑の浅田 玉翠(あさだ ぎょくすい)さんは、「書道が生きがいだと語るメンバーもいる。交流書道展を今後も続けていきたい。」と力強く語りました。
この展覧会は、南砺市の書道団体「青熒書苑」が砺波地区の書道サークルの成果発表の場にと、3年に一度、企画しているものです。

会場には、小学1年生から91歳までの力作約100点が並びました。

福野伝統の織物「福野縞(ふくのじま)」を用いた額や、流木に文字をしたためるなど、地元ゆかりの品を使った作品もあり、注目を集めていました。

また、文字を白くうき上がらせる「白抜き(しろぬき)文字」の体験コーナーも設けられ、家族連れで賑わっていました。

主催した青熒書苑の浅田 玉翠(あさだ ぎょくすい)さんは、「書道が生きがいだと語るメンバーもいる。交流書道展を今後も続けていきたい。」と力強く語りました。


まちのニュース
エステアール株式会社 マスクをドライブスルー販売 5月2日〜4日(5/18)

特別定額給付金の給付実施本部を設置 5月1日(5/18)

砺波商工会議所・庄川町商工会 要望書提出 4月28日(5/18)

小矢部内の企業から市へマスク等贈呈  4月27日〜5月1日(5/18)

庄川川開き 4月14日(5/18)



北日本新聞ニュース
勾玉手作りコロナ撃退 桜町縄文NET、小中生へ無料配布(5/22)

70年前の民具・方言紹介 砺波郷土資料館が冊子発行(5/22)

城端の2交差点に防犯カメラ設置 南山田地域協(5/22)

10万円給付の郵送申請初日1436件(5/22)

小矢部市にマスク1万枚寄付(5/22)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.