「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >消防神社例祭・物故会員の合祀祭 11月3日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

消防神社例祭・物故会員の合祀祭 11月3日
印刷用ページ
2020/11/23 小矢部市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_2996_1.jpg


小矢部市の城山公園にある「消防神社」で、例祭と物故会員の「合祀祭(ごうしさい)」が行われた。


小矢部市の城山公園にある「消防神社」で、例祭と物故会員の「合祀祭(ごうしさい)」が行われた。

消防神社は、昭和28年に、当時の石動町消防団が町の無火災を願って建立したもので、全国で唯一、消防職員や消防団員の物故者を祀る神社として知られている。

この例祭と合祀祭は、毎年11月3日に、市の消防団員や消防職員でつくる「消防纏保会(しょうぼうてんぽかい)」と消防団員のOBでつくる市消防連盟がおこない、今年も会員や物故者の遺族らおよそ80人が参列した。

神事では、纏保会の「橋 佐多史(たかはし さだし)」会長や消防連盟の「金谷 忠(かなや ただし)」会長をはじめ、遺族や市の関係者らが玉串を捧げ、物故会員の遺徳をしのんだ。

続いて、橋会長が「機関相互の連携と協力を深め、消防神社の加護のもと、伝統ある消防精神を継承し、一層精進していきたい」と式辞を述べ、桜井市長が「今後とも小矢部市の安全・安心なまちづくりの推進に尽力をお願いします」と挨拶した。

消防神社には今年合祀された5人を含む297人が祀られ、参列者は消防活動に尽力した先人へ思いをはせ、今後の無火災を誓っていた。
消防神社は、昭和28年に、当時の石動町消防団が町の無火災を願って建立したもので、全国で唯一、消防職員や消防団員の物故者を祀る神社として知られている。

この例祭と合祀祭は、毎年11月3日に、市の消防団員や消防職員でつくる「消防纏保会(しょうぼうてんぽかい)」と消防団員のOBでつくる市消防連盟がおこない、今年も会員や物故者の遺族らおよそ80人が参列した。

神事では、纏保会の「橋 佐多史(たかはし さだし)」会長や消防連盟の「金谷 忠(かなや ただし)」会長をはじめ、遺族や市の関係者らが玉串を捧げ、物故会員の遺徳をしのんだ。

続いて、橋会長が「機関相互の連携と協力を深め、消防神社の加護のもと、伝統ある消防精神を継承し、一層精進していきたい」と式辞を述べ、桜井市長が「今後とも小矢部市の安全・安心なまちづくりの推進に尽力をお願いします」と挨拶した。

消防神社には今年合祀された5人を含む297人が祀られ、参列者は消防活動に尽力した先人へ思いをはせ、今後の無火災を誓っていた。


まちのニュース
厄払い鯉の放流 1月7日 (1/18)

津沢こども園 いちご収穫体験会 1月7日(1/18)

第2回 PARTIDATONAMI CUP 12月27日(1/18)

石像彫刻美と折り連鶴美の共演 12月13日〜29日(1/18)

「至高の精神展総集編 PART3」 砺波市美術館 放送 1月18日〜(1/18)



北日本新聞ニュース
伝統の「成木責め」復活 福光 吉江干柿組合(1/15)

版画年賀状展 入賞作決まる(1/15)

地方創生へ連携 市と東京海上協定(1/15)

穏やかな一年に 石動左義長まつり(1/15)

家庭守った神棚に感謝 砺波の神具店で焼納祭(1/14)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.