「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > ニュース >まちのニュース >JAとなみ野「雪たまねぎ」初出荷 6月24日

イベント&お知らせ 参加のご案内


まちのニュース

JAとなみ野「雪たまねぎ」初出荷 6月24日
印刷用ページ
2022/7/4 砺波市 地域・社会


/DBIMG/TOPICS_NEWS/tsttonami_3496_1.jpg


JAとなみ野が特産化を進めている「雪たまねぎ」の出荷が始まった。

JAとなみ野が特産化を進めている「雪たまねぎ」の出荷が始まった。
「雪たまねぎ」は、雪の下で越冬する事で、甘みが増し、生で食べられるほどみずみずしく、玉が大きいのが特徴。

JAとなみ野たまねぎ集出荷貯蔵施設で行われた出荷式では、JAとなみ野の佐野 日出勇代表理事組合長が、「生産者の皆さんのきめ細やかな管理のおかげで、良い玉ねぎに仕上がった」とあいさつ。

JAとなみ野たまねぎ出荷組合の齊藤 忠信組合長が「今年も品質の良い玉ねぎが出荷できます。多くの人に味わってほしい」と、抱負を述べた。

そして、関係者が見守る中、10トントラック2台に積み込まれた「雪たまねぎ」20トンが、富山市、高岡市の青果市場に出荷された。

雪たまねぎの今年の出荷量は、昨年を上回るおよそ6800トンが見込まれ、9月ごろまで県内外に出荷される。
「雪たまねぎ」は、雪の下で越冬する事で、甘みが増し、生で食べられるほどみずみずしく、玉が大きいのが特徴。

JAとなみ野たまねぎ集出荷貯蔵施設で行われた出荷式では、JAとなみ野の佐野 日出勇代表理事組合長が、「生産者の皆さんのきめ細やかな管理のおかげで、良い玉ねぎに仕上がった」とあいさつ。

JAとなみ野たまねぎ出荷組合の齊藤 忠信組合長が「今年も品質の良い玉ねぎが出荷できます。多くの人に味わってほしい」と、抱負を述べた。

そして、関係者が見守る中、10トントラック2台に積み込まれた「雪たまねぎ」20トンが、富山市、高岡市の青果市場に出荷された。

雪たまねぎの今年の出荷量は、昨年を上回るおよそ6800トンが見込まれ、9月ごろまで県内外に出荷される。


まちのニュース
世界にひとつだけ自分だけのエコバッグつくり 7月30日(8/9)

国際ソロプチミストそれいゆ砺波に感謝状 7月28日(8/9)

夏休みこども絵画教室 7月26日(8/9)

東般若保育園園児のとうもろこし収穫体験会 7月25日(8/9)

アートハウスおやべ 夏のワークショップ2022  7月24日(8/9)



北日本新聞ニュース
ツール・ド・南砺10月開催へ試走 参加募る(8/10)

平和願い木彫フクロウ 長崎出身の音琴さん制作(8/10)

ジャンボカボチャ重そう! 道の駅おやべで目方当てクイズ(8/10)

園児らアユつかみ取り 種田地区自治振興会(8/10)

「生粋の庄川鮎」放流(8/10)



行政ニュース
ブランドプロモーション事業を担当する地域おこし協力隊・小塚友貴隊員辞令交付式(6/1)

6月1日(水)、福野庁舎で田中市長が「定例記者会見」を行いました。(6/1)

クマ情報(6/1)

福野児童センター「アルカス」平成28年6月の行事案内(6/1)

きっずらんど平成28年6月の行事案内(6/1)


ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.