「いーとなみの」はとなみ野を中心とした砺波市・南砺市・小矢部市の生活や地域情報のポータルサイト
トップ ニュース イベント 映画情報 お店&企業 まちのお医者さん よみもの 番組案内 リンク マイページ
トップ > よみもの > となみ野 むかしがたり

よみもの 参加のご案内


となみ野 むかしがたり
印刷用ページ

私はとなみ野に伝わる民話や伝説を語り継いでいます。 砺波市・南砺市・小矢部市には様々なお話がありますが、 そんなお話の中から、とっておきのものをお話しします。 またみなさんの知っているお話がありましたら、ぜひお寄せくださいね。 それでは、はじまり、はじまり…。

掲載日:2018年12月25日
第21回 身代わりになった鯉(4/4話)

 雪がとけて元気になったしん坊は、いつものようにこりもちを持って川へやってきました。ところが、あのりっぱなひげを生やした鯉が見あたりません。しん坊は心配でたまらず、赤岩の上流の方まで探しました。しかし、とうとうひげの鯉は姿を見せませんでした。
「しんすけ、もう遅いから家へ帰ろう」
「いつものひげの鯉おらんがいぜ。いつも、こりもちを持ってきたら、すぐ寄ってきたがに、どこさがしてもおらんもん」
 ふいにしん坊がいいました。
「あっ、そういうたらあん時の神主様、腹いたなおしてくれはった。あの神主様のひげと、あの鯉のひげ、おんなじや。そうや、おんなじやわ」
 お父さんも、お母さんもそれを聞いてびっくりしました。やさしいしんすけの心が、川の神様に通じ、神様がしんすけの身がわりになってくださったのです。そして、お父さんはしんすけの顔をなでながらいいました。
「しんすけ、何にでも優しくすることはいいことじゃ。いつまでも優しい思いやりの心を忘れられんぞ」
 しんすけのお腹がなおったように、今でも正月の七日には厄年(※)の人やその家族の人たちの一年間の無病息災を祈るのです。お宮さんの神前には、生きたままの鯉が供えられます。この後は鯉に御神酒を飲ませ、鯉のせなかに手をふれて、庄川へ放します。
 百六十年前に、小川原のしんすけが鯉に親切にしたことが、今までつづいているのです。
―おしまい―


「いつまでも優しい思いやりの心を忘れられんぞ」




今日はどんなお話をしようかね…。
となみ野おばあちゃん

となみ野おばあちゃん、 となみ野、
私たちの故郷・となみ野には古くから多くの民話や伝説があり、先祖代々語り継がれてきました。
TSTとなみでは、そうした地域の良さを伝えるお話を紹介します。
e-mail info@e-tonamino.com
URL



バックナンバー

3月16日 第24回 絵から抜け出した馬(2/2話)
3月1日 第24回 絵から抜け出した馬(1/2話)
2月15日 第23回 大蛇におこった村(2/2話)
2月1日 第23回 大蛇におこった村(1/2話)
1月21日 第22回 人形山ものがたり(3/3話)
1月11日 第22回 人形山ものがたり(2/3話)
1月1日 第22回 人形山ものがたり(1/3話)
12月25日 第21回 身代わりになった鯉(4/4話)
12月17日 第21回 身代わりになった鯉(3/4話)
12月9日 第21回 身代わりになった鯉(2/4話)
12月1日 第21回 身代わりになった鯉(1/4話)
11月16日 第20回 がごづか(2/2話)
11月1日 第20回 がごづか(1/2話)
10月25日 第19回 雄神のごおけつ力士(4/4話)
10月17日 第19回 雄神のごおけつ力士(3/4話)
10月9日 第19回 雄神のごおけつ力士(2/4話)
10月1日 第19回 雄神のごおけつ力士(1/4話)
9月16日 第18回 祖母田江(2/2話)
9月1日 第18回 祖母田江(1/2話)
8月21日 第17回 火伏せ石(3/3話)
ページの最上部
お問い合わせリンク・バナー著作権について免責事項利用規約個人情報についてサイトポリシー

Copyright (c) Tonami Satellite Television Network All rights reserved.